余計なケアは逆効果!肌の持つ治癒力に勝るものはない!

私は高校生の時期から15年近くニキビに悩まされて来ました。

皮膚科は当たり前、エステや高級化粧品、サプリメント、漢方薬などあらゆる物を試しましたがほとんど効果は得られませんでした。
20代後半になると顎や口の回りを中心に常に膿を持ったニキビがある状態で本当に苦痛でした。
そんな私が今はほとんどニキビもできず、できたとしても小さなニキビで済むようになったんです!
私がようやくたどり着いたのは…肌断食でした。洗顔後、化粧水もつけない。朝はぬるま湯で洗うだけ。
とにかく肌に触れない、余計なことはしないと言うやり方です。初めてこの方法を知った時はもちろん信じられませんでした。
ただ、何をしてもあまりにも改善されないので、思い切って真逆の事をしてみようと思ったのが良かったのです。
発想の転換です。そもそも人間にはケガをしても自然に治る力、ターンオーバーによる細胞の生まれ変わりなど自然治癒力が備わっています。
その力に任せるだけで良いのです。やっとニキビから解放されて、メイクも楽しくなりました!
ただ、普段も紫外線によるダメージには気をつけていますし、睡眠や軽い運動など基本的なケアはしっかりしています。
これはニキビに限らず、健康維持の基本として大事なことです。今は肌断食関連の書籍も沢山出ているので是非読んでみて欲しいです。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.